for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up

ロ、ウクライナ東部攻撃に注力 交渉での影響力視野か=米当局者

米国防当局者は25日、ロシアがウクライナの首都キエフでなく、東部ドンバス地域の制圧に注力しているという認識を示した。16日撮影(2022年 ロイター/Oleksandr Lapshyn)

[ワシントン 25日 ロイター] - 米国防当局者は25日、ロシアがウクライナの首都キエフでなく、東部ドンバス地域の制圧に注力しているという認識を示した。和平交渉での影響力を高めると同時に、東部のウクライナ軍を他の地域から切り離す狙いがある可能性がある。

ロシア国防省は25日、ウクライナにおける「軍事作戦」の第一段階はほぼ完了したとし、ウクライナ東部ドンバス地域の完全「解放」に焦点を当てると表明した。

米国防当局者はまた、ロシアがジョージアからの援軍派遣を模索していると述べた。

さらに、ウクライナ軍が南部ベルジャンスク港近辺で、ロシア軍艦を破壊したと発表。死傷者数は明らかになっていない。

for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up