for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up

UPDATE 2-米、ウクライナへの戦車供与開始の用意 25日発表か=高官

(背景などの情報を追加しました)

[ワシントン 24日 ロイター] - 米政府がウクライナへの主力戦車「エイブラムス」供与を巡り反対姿勢を撤回するとの見方を、複数の米政府高官が24日明かした。最終的に数十台を供与するプロセスを開始する用意があるという。

25日にも発表される見通し。ウクライナ安全保障支援イニシアティブ(USAI)を活用してエイブラムスを保有する同盟国から購入し、改修後にウクライナに供与する可能性があるという。このプロセスには数カ月から数年かかることもあるとした。

ウクライナは、今後予想されるロシアの大規模攻撃に備えるため、欧米の重装甲の戦車を求めている。

一方、米当局者はこれまで、エイブラムスは維持・管理が難しいほか、ウクライナ軍への訓練も困難で難しいなどの課題を挙げ、供与に慎重な姿勢を示してきた。

米国防総省はウクライナへの戦車供与への言及を控え、ライダー報道官はエイブラムスは「複雑で維持するのが難しい」との見解を改めて示した。

※原文記事など関連情報は画面右側にある「関連コンテンツ」メニューからご覧ください。

for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up