for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up

ロシア軍、キーウ周辺から完全撤退 米国防総省が分析

4月6日、米国防総省の高官は、ロシア軍がウクライナの首都キーウ(キエフ)周辺から完全に撤退し、再配置の可能性に備え、装備品の補給活動を行っているとの分析を示した。写真はキーウ近郊ブチャで撮影(2022年 ロイター/Alkis Konstantinidis)

[ワシントン 6日 ロイター] - 米国防総省の高官は6日、ロシア軍がウクライナの首都キーウ(キエフ)周辺から完全に撤退し、再配置の可能性に備え、装備品の補給活動を行っているとの分析を示した。

過去24時間に行った分析に基づき、北部チェルニヒウからもロシア軍部隊が完全に退去したと語った。

「(キーウの)地上侵攻の脅威は差し当たり、明らかに消えたが、ロシア軍の長期的な目的は明らかではない」と述べた。

撤退した部隊はベラルーシやロシアで態勢を立て直しているが、ウクライナに再び派遣されるのが何人になるのかは不明と話した。

for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up