March 17, 2014 / 11:58 AM / 6 years ago

ロシア、クリミア住民投票承認で「孤立」=独首相報道官

[ベルリン 17日 ロイター] - ドイツのメルケル首相の報道官は、ロシアは同国への編入の是非を問うウクライナ南部・クリミア自治共和国の住民投票を承認したため、世界で孤立する状況を招いたとの見解を示した。

ザイベルト報道官は、国連安保理が15日に行った住民投票を無効にする決議案の採決で13カ国が決議案に支持を表明し、中国が棄権、ロシアのみが拒否権を発動したことに触れ、「いわゆる住民投票を承認したことでロシアはかなり孤立した」と述べた。

ザイベルト氏は、ドイツがロシアに対し、ウクライナ暫定政権の同意がないウクライナ領地内での軍事活動を停止するように要請したと明らかにした。

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below