for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up

ウクライナ、NATO加盟目標は不変 駐英大使が説明

 2月14日、ウクライナのプリスタイコ駐英大使は、ロシアとの戦争を回避するために北大西洋条約機構(NATO)加盟する目標を取り下げる可能性があるとの立場を示した。写真はロンドンで2月9日に撮影(2022年 ロイター/Tom Nicholson)

[ロンドン/キエフ 14日 ロイター] - ウクライナのプリスタイコ駐英大使は14日、英BBCに、ロシアとの戦争を回避へ北大西洋条約機構(NATO)加盟を断念する可能性を示唆したものの、すぐに加盟目指す方針は再考しないと釈明した。

プリスタイコ大使はこの日、BBCに、NATO加盟という目標に対してウクライナは「柔軟」に対応する用意があるとの見解を示し、NATO加盟に関する立場を変える可能性があるかとの質問に対し「あり得る。このように脅かされ、圧力を受けている状況ではなおさらだ」と語った。

この発言を受け、ウクライナ大統領報道官は、NATOおよび欧州連合(EU)加盟を目指す方針は憲法に明記されており、絶対的な優先事項だと述べた。

プリスタイコ大使はBBCに対し、先の報道は誤解と指摘。「われわれは現在NATOメンバーではない。戦争回避のため、多くの譲歩をする用意があり、それをロシア側と話し合っている」と述べたが、憲法に明記されているNATO加盟目標は別問題だと説明した。

「NATO加盟という希望の先送りではない。今はNATOメンバーではないので、米英と締結している二カ国間協定のようなものを模索しなければいけないという意味だ。NATOに加え、この非常事態に生き残れる、何か別の協定を探している」と語った。

NATO加盟を目指す方針に変更があるかとの再度の質問に、方針変更は「ない」と明言した。

ロシアのプーチン大統領は、ウクライナがNATOに加盟すれば戦争につながる可能性があると警告している。

2008年にウクライナは将来的にNATOに加盟することが認められている。

for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up