for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up

西側諸国、ウクライナでの残虐行為停止に資するべき=プーチン氏

[ロンドン 3日 ロイター] - ロシアのプーチン大統領は3日、フランスのマクロン大統領との電話会談でウクライナ情勢について協議し、西側諸国はウクライナに対し「残虐行為」を止めるよう圧力をかけるべきだと訴えた。ロシア通信(RIA)が報じた。

プーチン大統領はマクロン大統領に対し、西側諸国は「ドンバス地方の町や集落に対する戦争犯罪および大規模な砲撃」を終わらせる手助けが可能と指摘。「西側諸国がウクライナ当局に適切な影響力を行使し、ウクライナへの兵器供給を停止すれば、これらの残額行為に終止符が打てるだろう」と語った。

また、ロシアは引き続きウクライナとの対話の準備ができていると述べたという。

※原文記事など関連情報は画面右側にある「関連コンテンツ」メニューからご覧ください

for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up