August 27, 2019 / 4:20 PM / in a month

ボルトン米大統領補佐官、ウクライナ訪問 首脳会談の可能性探る

[キエフ 27日 ロイター] - ボルトン米大統領補佐官(国家安全保障問題担当)は27日、ウクライナを訪問し、5月に就任した同国の親欧米派ゼレンスキー大統領とトランプ米大統領との会談の可能性を探った。

米政府高官による同国訪問はゼレンスキー大統領就任後初めて。

ボルトン氏は記者団に対し「米国側の優先課題について話し合い、ウクライナの優先課題に耳を傾ける好機になった」と説明した。

さらに、米・ウクライナ首脳会談が近く実現する可能性を示唆。明確な日程には言及しなかったものの、「両首脳がポーランドで会談する可能性があると予想している」と述べた。

ホワイトハウスによると、トランプ大統領は31日から9月3日の日程でポーランドとデンマークを訪問する。

ボルトン氏はまた、魅力的な金銭的条件によって中国との取引に誘い込まれたり、中国マネーへの依存は脅威とけん制した。

ウクライナの隣国ベラルーシの大統領府はこの日、ボルトン氏が同国を訪問し、ルカシェンコ大統領と会談すると発表。日程は明示しなかったものの、29日以降となる見通し。

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below