September 29, 2019 / 11:49 PM / 18 days ago

米のウクライナ特別代表が辞任、トランプ政権の圧力疑惑が影響か

 9月27日、米国務省のボルカー・ウクライナ担当特別代表が辞任した。事情に詳しい複数の関係者が明らかにした。写真はロイターのインタビューに答えるボルカー氏。10月28日、キエフで撮影(2019年 ロイター/Valentyn Ogirenko)

[27日 ロイター] - 米国務省のボルカー・ウクライナ担当特別代表が27日、辞任した。事情に詳しい複数の関係者が明らかにした。

トランプ大統領の対ウクライナ圧力疑惑の発端となった内部告発をした人物は、トランプ氏の顧問弁護士ルディ・ジュリアーニ氏がバイデン前副大統領と息子の調査をウクライナに要請したとされる問題で、ボルカー氏が「(政権への)ダメージを抑える」ことに努めていたと指摘していた。

ボルカー氏は、ウクライナの対ロシア紛争解決の支援に取り組んできた。

米国務省はコメント要請に応じていない。

下院民主党は、既に公表された7月25日のトランプ氏とウクライナのゼレンスキー大統領の電話会談記録に関して、ボルカー氏の証言を求めている。

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below