for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up

台湾UMC、シンガポールに半導体工場新設へ 50億ドル投資

台湾の半導体大手、聯華電子(UMC)は24日、50億ドル投じてシンガポールに新工場を建設すると明らかにした。台北で2006年撮影。(2022年 ロイター/Richard Chung/File Photo)

[台北 24日 ロイター] - 台湾の半導体大手、聯華電子(UMC)は24日、50億ドル投じてシンガポールに新工場を建設すると明らかにした。2024年に生産を開始する予定。5Gや自動車関連の需要に対応する。

UMCは20年以上前にシンガポールに生産拠点を置いている。新工場は、22ナノや28ナノの半導体チップを生産する予定。

すでに生産開始を見込んだ複数年の契約を複数締結しているという。

UMCは昨年、世界的に半導体が不足する中、生産能力拡大に向け向こう3年で1000億台湾ドル(35億7000万ドル)投資する計画を表明。計画の一環で顧客に供給と価格を保証する方針を示していた。

for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up