Reuters logo
シリアの病院にミサイル、民間人ら50人死亡 16日に安保理開催へ
2016年2月15日 / 20:52 / 2年後

シリアの病院にミサイル、民間人ら50人死亡 16日に安保理開催へ

[キエフ/ベイルート/国連 15日 ロイター] - 国連は15日、シリアで複数の学校と病院がミサイル攻撃を受け、民間人ら50人近くが死亡したと発表、明白な国際法違反として非難した。国連安全保障理事会はこれについて16日に協議する見通しだ。

トルコ国境に近いシリア北部アザズでは、小児病院と難民を収容している学校にミサイルが着弾、少なくとも14人が死亡したもようだ。

アザズでは、掌握を目指すシリアのクルド人民兵組織「人民防衛部隊(YPG)」と、これを阻止しようとするトルコとの対立が激化。トルコ軍は15日で3日連日、YPGの拠点に対する砲撃を行っている。

トルコは、YPGがアザズを掌握しようとすれば「最も激しい反撃にあう」と警告。トルコのダウトオール首相は、アザズへのミサイル攻撃について、YPGを支援するロシア軍によるものだとして非難した。

また、国際医療援助団体「国境なき医師団(MSF)」は、北部イドリブでMSFが運営する病院などが爆撃を受け、少なくとも7人が死亡し、スタッフ8人が不明になっていると明らかにした。

2月16日、国連は、シリアで複数の学校と病院がミサイル攻撃を受け、民間人ら50人近くが死亡したと発表、明白な国際法違反として非難した。写真はアザズの攻撃を受けたとみられる病院。ソーシャルメディアの映像から(2016年 ロイター)

MSFの責任者は、シリア政府軍かロシアによる攻撃との見方を示したが、ロシアのスクボルツォワ保健相は空爆対象を「イスラム国」の施設に限定しているとし、MSFの見方を否定した。

米国やロシア、欧州など関係国は先週末、ドイツ南部ミュンヘンで開いた国際シリア支援グループの会合で「1週間以内の停戦」を呼び掛けることで合意しているが、停戦の先行きに早くも暗雲が漂っている。

ロシア国連大使は、ロイターが入手した安保理関係者の電子メールで、「トルコのシリア領への武力行使に深い懸念」を表明し、安保理会合の開催を呼びかけた。

安保理会合は現地時間16日の早い時間に開催される予定で、国連高官がシリア情勢について説明するという。

*内容を追加します。

私たちの行動規範:トムソン・ロイター「信頼の原則」
0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below