January 16, 2020 / 2:09 AM / 2 days ago

2019年は過去2番目に暑い年、今後も極端な気象に=WMO

 1月15日、世界気象機関は、2019年は地球が観測開始以来2番目に暑い年となったと発表した。写真は2019年10月、ウェスト・ロサンゼルスで撮影(2020年 ロイター/Gene Blevins)

[ジュネーブ 15日 ロイター] - 世界気象機関(WMO)は15日、2019年は地球が観測開始以来2番目に暑い年となったと発表した。米航空宇宙局(NASA)や英気象当局など複数のデータを集積した。

19年の地球の平均気温は産業革命前から1.1度上昇、地球生命体に大きな変化が予想される気温上昇の上限として2015年にパリ協定で国際的に合意された1.5度にじわじわ迫っている。

WMOのターラス事務局長は、「残念ながら、2020年とその後の数十年は、記録的な熱により温暖化ガスが大気中に滞留し、極端な気象を助長するとみられる」と述べた。

科学者らは、欧州の熱波や、9月にバハマ諸島を襲って少なくとも50人が死亡したハリケーンなど、2019年の深刻な気象現象は気候変動が一因の公算が大きいとしている。

これまでに最も暑かったのは2016年で、エルニーニョ現象により平均表面温度が産業革命前を1.2度上回った。

WMOの科学者オマール・バッドゥール氏は、「将来、これよりはるかに温度の高いエルニーニョ現象が起きることは想像に難くない」と指摘。WMOは、世界はオーストラリアの広範囲で発生している森林火災のような極端な気象現象がさらに発生する事態に備えるべきとしている。

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below