February 26, 2019 / 5:33 AM / 22 days ago

国連事務総長、米ロにINF条約維持と新START更新呼びかけ

 2月25日、国連のグテレス事務総長は、米国とロシアに対し、1987年に締結した中距離核戦力廃棄条約を維持するとともに、核軍縮を定めた新戦略兵器削減条約(新START)を2021年の期限切れ前に更新するよう求めた。国連本部で演説する同事務総長。昨年9月にニューヨークで撮影(2019年 ロイター/SHANNON STAPLETON)

[ジュネーブ 25日 ロイター] - 国連のグテレス事務総長は25日、米国とロシアに対し、1987年に締結した中距離核戦力(INF)廃棄条約を維持するとともに、核軍縮を定めた新戦略兵器削減条約(新START)を2021年の期限切れ前に更新するよう求めた。

米政府は2月1日、ロシアが条約に違反しているとして、違反を止めなければ6カ月以内にINFを破棄すると表明した。

グテレス事務総長はジュネーブ軍縮会議で演説し、INFが失効すれば世界はより危険で不安定になると警告。「われわれは、冷戦時代のように無制限の核競争が展開される暗い日々に戻ることはできない。両国に対し、残された時間を活用してこれまでに提示されているさまざまな問題について真摯な対話を行うよう求める。この条約の維持はきわめて重要だ」と述べた。

また新STARTについては、「米国とロシアに対し、更新によって生まれる時間を活用し、戦略核兵器のさらなる削減を協議するよう求める。私は、こうした2国間の取り決めが多国間のものとなることを夢見ている」と述べた。

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below