for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up

昨年の国際特許出願、中国が2年連続首位 ファーウェイが最多

3月2日、世界知的所有権機関(WIPO)が公表した2020年の国際特許出願統計によると、中国が2年連続で首位となり、2位の米国との差を広げた。ジュネーブのWIPO本部でF2020年3月撮影(2021年 ロイター/Denis Balibouse)

[ジュネーブ 2日 ロイター] - 世界知的所有権機関(WIPO)が2日公表した2020年の国際特許出願統計によると、中国が2年連続で首位となり、2位の米国との差を広げた。

特許協力条約(PCT)に基づく中国の出願件数は6万8720件、米国は5万9230件。

中国の出願数は前年比16.1%増加、米国は3%増だった。

出願者別では中国通信機器大手の華為技術(ファーウェイ)が4年連続でトップで、韓国サムスン電子が続いた。

WIPOのダレン・タン事務局長は、アジアではより長期のトレントとして出願件数が増加しており、中国はその一環だと説明した。昨年は韓国、シンガポール、マレーシアでも出願件数が増加し、アジア地域の出願が全体の半数強を占めた。

新型コロナウイルス危機に見舞われたにもかかわらず、2020年の出願総数は4%増加し記録を更新した。タン事務局長は「イノベーションは底堅く、危機下にあっても世界はさらなるイノベーションを求めているとみられる」と述べた。

for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up