January 12, 2020 / 11:37 PM / 7 months ago

コラム:ユニコーンの企業価値、「魔法」支える資金調達法

[サンフランシスコ 7日 ロイター BREAKINGVIEWS] - IT界の未公開巨大企業(ユニコーン)はしばしば、自らが魔法を操れると信じている。背景には未公開株市場ならではの仕組みがある。未公開のスタートアップ企業は、企業価値が上昇している間に資金調達を行うだけで、さらに価値評価を高められる。ほんの一部の調達額に基づき価値を評価する慣習と、優先株に与えられる権利にも問題がある。

1月7日、IT界の未公開巨大企業(ユニコーン)はしばしば、自らが魔法を操れると信じている。写真は北京のウィワークオフィスで2019年8月さつえい(2020年 ロイター/Jason Lee)

共有オフィス「ウィーワーク」を運営する米ウィーカンパニーは、上場を撤回し企業価値が激減したが、これは代表例にすぎない。企業価値が10億ドルを超える未公開企業であるユニコーンには、事実検証を必要とする企業が他にも多くある。

ウィーワークは多額のキャッシュ消費によって自滅するまで、他のユニコーンと同じ振る舞いが許されていた。見かけの企業価値が増加すると見込まれる時にだけ資金調達をするのだ。

例えばクラウドストレージサービスの米ドロップボックス(DBX.O)は2014年、100億ドルの企業価値評価に基づき3億5000万ドルを調達したが、その後は18年の上場まで調達を見送った。上場時の企業価値は結局、約80億ドルだった。同社などは控えめな方で、企業価値が右肩上がりを維持したまま上場にこぎ着けたユニコーンも多い。

そうでなくても新規株式公開(IPO)株の投資家は、未公開株の評価など眉つばものだと考えた方がいい。評価額は往々にして、小規模な調達額から推計しただけの値で、総合的な評価とはほど遠い。

食材宅配サービス会社、米ブルーエプロン(APRN.N)は15年に評価額20億ドルで1億3500万ドルを調達し、2年後に上場した際も株式時価総額はほぼ同水準だったが、今では1億ドル未満にしぼんでいる。

しかも、優先株に与えられる「優先分配」と呼ばれる権利により、スタートアップ企業の直近の資金調達に参加した投資家は、他の投資家よりも先に資金を回収できる上、上乗せのリターンも得られることが多い。つまり、最新の価値評価はこれらの投資家にしか適用されないことが多い。

この権利は通常、企業の上場後に消滅する。ブリティッシュ・コロンビア大とスタンフォード大の教授2人による最近の調査によると、ユニコーンの企業価値評価は公正価格を平均48%も上回っている。

ウィーワークの一件で、酔いはある程度さめた。しかし市場にはまだ豊富な資金があり、人気のスタートアップ企業には投資家が競って資金を提供する状態だ。現実に直面するまで、企業価値のイリュージョンはしばらく続くだろう。

●背景となるニュース

*上場を撤回したウィーワークは昨年12月17日、ソフトバンクグループによる50億ドルの支援策の一環として、ゴールドマン・サックスから17億5000万ドルの与信枠を取り付けたと発表した。

*ロイターが12月23日、消息筋の話として報じたところでは、ウィーワークの経営悪化に伴いソフトバンクグループが邦銀に要請している30億ドルの融資の交渉は、各行の与信枠上限が壁となり難航している。

(筆者は「Reuters Breakingviews」のコラムニストです。本コラムは筆者の個人的見解に基づいて書かれています)

*このドキュメントにおけるニュース、取引価格、データ及びその他の情報などのコンテンツはあくまでも利用者の個人使用のみのためにロイターのコラムニストによって提供されているものであって、商用目的のために提供されているものではありません。このドキュメントの当コンテンツは、投資活動を勧誘又は誘引するものではなく、また当コンテンツを取引又は売買を行う際の意思決定の目的で使用することは適切ではありません。当コンテンツは投資助言となる投資、税金、法律等のいかなる助言も提供せず、また、特定の金融の個別銘柄、金融投資あるいは金融商品に関するいかなる勧告もしません。このドキュメントの使用は、資格のある投資専門家の投資助言に取って代わるものではありません。ロイターはコンテンツの信頼性を確保するよう合理的な努力をしていますが、コラムニストによって提供されたいかなる見解又は意見は当該コラムニスト自身の見解や分析であって、ロイターの見解、分析ではありません。

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below