for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up

5月のユニクロ国内既存店売上高は前年比-0.6%、1年ぶり減少

ファーストリテイリングは2日、5月の国内ユニクロの既存店売上高が前年比0.6%減少したと発表した。写真は都内の店舗、2020年6月撮影(2021年 ロイター/Kim Kyung-Hoon)

[東京 2日 ロイター] - ファーストリテイリングは2日、5月の国内ユニクロの既存店売上高が前年比0.6%減少したと発表した。昨年5月以来、1年ぶりの前年比マイナスとなった。休業店舗数は昨年に比べて少なかったものの、緊急事態宣言のエリア拡大や期間の延長により、月末にかけて外出自粛ムードが強まったことなどが影響した。

客数は同19.2%増となった一方、客単価は同16.6%減と引き続き2桁のマイナスだった。

新型コロナウイルス感染症の影響で、5月は最大で190店舗を時間短縮して営業、83店舗を臨時休業した。

for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up