for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up

ユニバーサル・ミュージック・グループ、上場に先立ち目論見書公表

9月14日、仏メディア大手ビベンディ傘下の米大手音楽会社ユニバーサル・ミュージック・グループ(UMG)は、来週の330億ユーロ(390億ドル)規模の株式上場に先立ち、目論見書を公表した。写真はUMGのロゴ。チューリヒで7月撮影(2021年 ロイター/Arnd Wiegmann)

[パリ 14日 ロイター] - 仏メディア大手ビベンディ傘下の米大手音楽会社ユニバーサル・ミュージック・グループ(UMG)は14日、来週の330億ユーロ(390億ドル)規模の株式上場に先立ち、目論見書を公表した。

上場により、ビベンディからの分離が完了することになる。上場に際して、株式の60%をビベンディの株主に分配する。

UMG株は21日からユーロネクスト傘下のアムステルダム証券取引所で取引が開始される。参照株価は20日に発表される見通し。

UMGには、レディー・ガガ、ザ・ローリング・ストーンズ、テイラー・スウィフト、ジャスティン・ビーバーなどのアーティストが所属。

音楽業界は拡大しており、ストリーミング配信収入が増えているほか、最近ではレコードやCDの売り上げも伸びている。

同社は6年連続の増収で、2020年の売上高は74億3000万ユーロ、コア利益は14億9000万ユーロだった。

for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up