for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up

アックマン氏SPAC、UMG株10%取得で交渉=ビベンディ

米著名投資家、ウィリアム・アックマン氏のSPAC「パーシング・スクエア・トンチン・ホールディングス」は、米大手音楽会社ユニバーサル・ミュージック・グループの株式の10%を約40億ドルで買収する交渉を進めている。写真は米カリフォルニア州ラグナ・ビーチで2017年10月撮影(2021年 ロイター/Mike Blake)

[4日 ロイター] - 米著名投資家、ウィリアム・アックマン氏の特別買収目的会社(SPAC)「パーシング・スクエア・トンチン・ホールディングス」は、米大手音楽会社ユニバーサル・ミュージック・グループ(UMG)の株式の10%を約40億ドルで買収する交渉を進めている。

UMGを保有する仏メディア大手ビベンディが4日確認した。

UMGにはテイラー・スウィフトなどのアーティストが所属。ビベンディは、既存株主へのスピンオフで資金を調達することを計画している。

ビベンディによると、アックマン氏のSPACとの取引では、UMGの企業価値を350億ユーロ(424億ドル)と算定している。

アックマン氏は共同声明で「UMGは世界最高の企業の一つだ」と表明した。

朝方のビベンディ株は0.7%値上がりしている。

for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up