December 25, 2017 / 12:28 AM / a year ago

フィギュア=全日本選手権、宇野が連覇で五輪出場

[24日 ロイター] - 2018年平昌冬季五輪の代表最終選考会を兼ねたフィギュアスケートの全日本選手権が24日に武蔵野の森総合スポーツプラザで行われ、男子ショートプログラム(SP)首位の宇野昌磨がフリーでも186.47点で1位となり、合計283.30点で2連覇を飾り、五輪出場を決めた。

SP2位の田中刑事はフリーも2位で、合計267.15点の2位。無良崇人は3位、友野一希は4位だった。

この結果、田中が五輪行きの切符をつかみ、故障で欠場した2014年ソチ五輪金メダリストの羽生結弦も実績を考慮されて選ばれた。

アイスダンスは村元哉中、クリス・リード組が3連覇し、五輪代表に。ペアは須崎海羽、木原龍一組が選出された。

女子代表は全日本4連覇の宮原知子、2位だった坂本花織が代表となった。

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below