for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up

UPDATE 1-東京都区部コアCPI、4月は前年比-0.2% 携帯電話通信料が押し下げ

(内容を追加しました。)

[東京 30日 ロイター] - 総務省が30日発表した4月の東京都区部消費者物価指数(生鮮食品を除く総合指数、コアCPI)は、前年同月比0.2%下落した。9カ月連続のマイナス。ロイターがまとめた民間調査機関の予測中央値は前年同月比横ばいだった。

前年同月比の下落幅は3月(0.1%下落)から0.1ポイント拡大した。原油価格の上昇を背景にエネルギーが総合指数の0.16ポイント押し上げに寄与したものの、大手キャリアの新料金プラン導入などで携帯電話通信料が下落。指数全体でマイナス幅が拡大した。携帯電話通信料は0.44ポイント押し下げに寄与した。

5月21日に4月の全国CPIが発表される。全国CPIで用いる通信料のウエートは都区部に比べて大きいため、新料金プランによる押し下げの影響がより大きく出てくる見通しだという。 (杉山健太郎 :編集 山川薫)

for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up