for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up

大阪府のコロナ感染状況に極めて強い危機感=西村再生相

西村康稔経済再生相は13日の記者会見で、新型コロナウイルスの新規感染者が1000人を超えた大阪府の状況について、極めて強い危機感を持っていると述べた。資料写真、大阪市で2020年3月撮影(2021年 ロイター/Edgard Garrido)

[東京 13日 ロイター] - 西村康稔経済再生相は13日の記者会見で、新型コロナウイルスの新規感染者が1000人を超えた大阪府の状況について、極めて強い危機感を持っていると述べた。

大阪では、感染力が強い変異株が増加しており、比較的若い人も重症化する可能性がある中、病床が逼迫して厳しい状況にあるとの見解を示した。

「病床の確保や人的支援について、国としてできることを全力で支援したい」とし、大阪府の吉村洋文知事とは、特に病床について強い危機感を共有したと明らかにした。

一方、愛知県の大村秀章知事が「まん延防止等重点措置」の適用を政府に要請する考えを表明したことに関連して、西村再生相は「感染者数の増加スピードが速い」とし、知事と連携して対応する意向を示した。

金子かおり、竹本能文

for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up