for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up

米UPS、今年も年末商戦で10万人以上を臨時雇用へ

 9月7日、米物流大手ユナイテッド・パーセル・サービス(UPS)は、今年もクリスマス商戦に向けて昨年並みの10万人以上を臨時雇用すると発表した。写真はニューヨーク市で5月9日撮影(2022年 ロイター/Andrew Kelly)

[7日 ロイター] - 米物流大手ユナイテッド・パーセル・サービス(UPS)は7日、今年もクリスマス商戦に向けて昨年並みの10万人以上を臨時雇用すると発表した。主に運転手と、集荷や梱包、発送の業務担当者で、フルタイムとパートタイムの両方を募集する。

UPSや競合する米フェデックスは例年、10月から翌年1月にかけた荷物の急増に対応するため大量の人材を臨時雇用する。今年は労働市場の逼迫が懸念されるが、労働者の供給は少しずつ改善する様子もある。

for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up