for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up

尿から水と肥料を抽出、ベルギー科学者らが装置開発

[ブリュッセル 26日 ロイター] - ベルギーのゲント大学で、科学者チームが尿を太陽エネルギーと特殊な膜によって飲料水と肥料に分解する装置を開発した。電気の通っていない遠隔地や途上国での活用が期待されるという。

この装置では、大きなタンクに貯めた尿を太陽エネルギーによるボイラーで過熱し、特殊な膜を通す。これにより、水、カリウム、窒素、リンが抽出される。

同チームはゲントで10日間にわたり行われた市の演劇・音楽イベントにこの装置を導入。参加者らの尿から1000リットルの水を抽出した。国民的飲み物とされるビールの製造に使用するという。

今後は、より大規模な装置をスポーツ施設や空港、飲料水や肥料の調達が困難な途上国の遠隔地などに導入することを目指す。

for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up