March 6, 2014 / 4:52 PM / 5 years ago

ロシア編入の是非を問うクリミア住民投票は憲法違反=ウクライナ閣僚

3月6日、ウクライナのPavloSheremeta経済発展相は、クリミア自治共和国で予定されるロシアへの編入の是非を問う住民投票について、憲法に違反しているとの見解を示した。写真はクリミアの親ロシア派ら。5日撮影(2014年 ロイター/Maks Levin)

[キエフ 6日 ロイター] - ウクライナのPavloSheremeta経済発展相は6日、同国南部クリミア自治共和国で予定されるロシアへの編入の是非を問う住民投票について、憲法に違反しているとの見解を示した。

同相は記者団に対し、「この住民投票は憲法違反というのが私の見解だ」と述べた。

クリミア自治共和国のルスタム・テミガリエフ副首相はこの日、ロシア編入の是非を問う住民投票を3月16日に実施することを明らかにしている。

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below