September 9, 2019 / 2:30 AM / 10 days ago

焦点:外為市場の「ベタなぎ」長期化で専門ファンド閉鎖続出

[ロンドン 6日 ロイター] - 中国人民元の最近の急落で、外国為替市場関係者が長らく待ち望んだボラティリティが高まる局面がやってくるとの期待が渦巻いている。しかしたとえボラティリティが上昇しても、今年になって続々と閉鎖している通貨ファンドにとってはもはや手遅れで、生き残っているファンドが希望を抱くほどの動きにもならないかもしれない。

FILE PHOTO: An advertisement poster promoting China's renminbi (RMB) or yuan , U.S. dollar and Euro exchange services is seen outside at foreign exchange store in Hong Kong, China August 13, 2015. REUTERS/Tyrone Siu/File Photo

外為市場は、超低金利と主要中央銀行が総じて金融緩和姿勢で足並みをそろえていることが影響し、ずっと「ベタなぎ」のままだ。このため価格変動が大きいほどもうかる通貨トレーダーの嘆きは止まらない。

8月12日には人民元が1ドル=7元の節目を割り込む水準まで売り込まれ、予想変動率は8カ月ぶりの高水準を記録したが、こうしたボラティリティ上昇は長続きしなかった。ドイツ銀行が算出する主要通貨の加重平均ベースの3カ月物予想変動率指数は、人民元急落直後に8.11まで跳ね上がった後、7.52に戻ってしまった。

通貨ファンドにとっては、そうしたボラティリティ上昇の短命ぶりは毎度おなじみの光景となっている。実際、通貨の売買や為替先物・スワップなどを駆使する通貨ファンドは、収益機会の減少をまざまざと見せつけられる日々が続き、昨年のFXミューチュアル・ファンドからの資金流出額は23億4000万ドルと、2015年以降で最大に膨れ上がった。

今年は流出ペースが多少鈍り、モーニングスターによると1─7月の流出額は1億5908万ドルにとどまっている。とはいえ世界全体の通貨ファンドの純資産額は12年に達した約180億ドルからほぼ毎年の減少で68億6000万ドルに落ち込んでおり、12年以降に前年比でマイナスにならなかったのは1年しかない。

そして大半の主要通貨のボラティリティが過去最低圏で推移する中で、より多くのファンドマネジャーがもう店じまいしたいと思うかもしれない。

この夏に個人投資家を対象にした670万ドル規模の通貨ファンドを閉鎖したメルク・インベストメンツのアクセル・メルク最高投資責任者は「顧客に受け入れられないなら、最終的には手を引くしかない」と話した。モーニングスターの調査では、今年に入ってこのほかにも9本の通貨ファンドが閉鎖し、昨年も17本が手じまいした。

別にもう1本の通貨ファンドを運用するメルク氏は、最近のボラティリティ上昇で今年の環境は昨年より上向いてきたと述べながらも「(顧客からの)電話が鳴るほどではない」と楽観する様子は見えない。

ヘッジファンド業界でも通貨専門投資は厳しい状況だ。バークレイズヘッジ指数を見ると、銀行間市場で通貨先物やキャッシュフォワード取引を積極的に行っているのは現在49本だけで、昨年の53本から減少し、08年の145本を大幅に下回っている。

通貨投資に特化したヘッジファンドの今年の平均リターンは2.38%と、マルチ戦略マクロ型ファンドの7.56%よりもずっと低いことが、ヘッジファンド・リサーチのデータで分かる。投資先を通貨だけに縛られるよりも、さまざまな資産に投資できる方がより大きな利益を生み出せることは明白だ。

<消えた収益機会>

通貨トレーダーは、市場間の裁定取引を駆使したり、各通貨ごとの異なる思惑や予想によってボラティリティが高まる状況を利用して利益を得ようとする。

ところが超低金利やマイナス金利が何年も続いた上に、大規模な金融緩和が実施され、しかも恐らく最も重要な点は主要中銀の政策にほとんど違いがなくなったことで、トレーダーの収益機会はほぼゼロになってしまった。

例えば今年は米連邦準備理事会(FRB)がタカ派姿勢からハト派姿勢に転換すると、外為市場ではボラティリティ上昇の期待が浮上したが、他の中銀が一斉にFRBに追随したことで、結局ボラティリティはほぼ5年ぶりの低水準に沈んだ。

こうした中で資産運用会社QTSキャピタル・マネジメントは、旗艦ヘッジファンドを通じた外為スポット取引から撤退。ポートフォリオマネジャーのアーネスト・チャン氏は「(スポット)戦略は、かなりの金利(水準)が存在する場合のみ有効に働く」と説明する。3年前に2000万ドルだったこのファンドの資産は、1100万ドルまで目減りしている。

フランクリン・テンプルトンの著名マネジャー、マイケル・ヘーゼンスタブ氏が運用する2つのファンドも低調なボラティリティには勝てず、米上場の「グローバル・カレンシー・ファンド」は6月に新規受け付けを停止して10月に清算する予定で、ルクセンブルクに上場する姉妹ファンドも9月に閉鎖する。

モーニングスターのデータによると、このうち米上場ファンドの7月末の資産は3283万ドルで、今年に入って11%減少し、5年前の2億7035万ドルを88%も下回った。またルクセンブルク上場のファンドの資産は878万ドルで、3年前の設立時とほぼ同じにとどまっている。

(Olga Cotaga記者)

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below