June 30, 2019 / 3:35 AM / 3 months ago

サッカー=ウルグアイPK戦で敗退、南米選手権準々決勝

 サッカーの南米選手権、準々決勝、通算15回の優勝を誇るウルグアイがPK戦の末、ペルーに敗れた。写真右はPK戦での失敗に落胆するルイス・スアレス(2019年 ロイター/Sergio Moraes)

[サルバドル(ブラジル) 29日 ロイター] - サッカーの南米選手権は29日、準々決勝の試合を行い、通算15回の優勝を誇るウルグアイがPK戦の末、ペルーに敗れた。

試合はスコアレスのままPK戦に突入。最初のキッカーを務めたルイス・スアレスが相手ゴールキーパーに止められ、最終的にペルーが5─4で制した。

ウルグアイのエディンソン・カバニはスアレスについて、報道陣に対し「ルイスは大事な場面で外してしまい、とても悲しんでいるが、サッカーや人生ではこういうこともある」とコメント。「勝つこともあれば、負けることもある。南米選手権で優勝したこともあるが、今日は敗退したことを受け入れるしかない」と述べた。

準決勝ではペルーがチリ、開催国ブラジルはアルゼンチンと対戦する。

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below