Reuters logo
米10年債利回り低下、成長鈍化懸念反映か=ダラス連銀総裁
2017年10月18日 / 15:44 / 1ヶ月後

米10年債利回り低下、成長鈍化懸念反映か=ダラス連銀総裁

[ニューヨーク 18日 ロイター] - 米ダラス地区連銀のカプラン総裁は18日、米10年債利回りの低下は、金融情勢が緩和化するとの見通しではなく、むしろ国内経済の伸びが鈍化するとの予想を反映している可能性があるとの見解を示した。

米10年債利回りは年初から約10ベーシスポイント(bp)低下。カプラン総裁は記者団に対し「これは金融情勢の緩和化の兆候ではなく、将来的な成長に対する懸念の兆候である可能性がある」と指摘。イールドカーブを注視していると述べた。

私たちの行動規範:トムソン・ロイター「信頼の原則」
0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below