December 4, 2019 / 6:04 PM / 8 days ago

米ADP民間雇用、11月は6.7万人増に急減速 半年ぶりの低い伸び

企業向け給与計算サービスのオートマチック・データ・プロセッシング(ADP)とムーディーズ・アナリティクスが4日発表した11月の全米雇用報告は、民間部門雇用者数が6万7000人増と、6カ月ぶりの低水準となった。ユタ州サンディーのジョブフェアで3月撮影(2019年 ロイター/George Frey)

[ニューヨーク 4日 ロイター] - 企業向け給与計算サービスのオートマチック・データ・プロセッシング(ADP)とムーディーズ・アナリティクスが4日発表した11月の全米雇用報告は、民間部門雇用者数が6万7000人増と、6カ月ぶりの低水準となった。ロイターがまとめたエコノミスト予想中央値の14万人増を大幅に下回った。

エコノミストの予想レンジは12万─18万8000人増だった。

10月分は12万1000人増と、当初の12万5000人増から下方修正された。

ADPによると、民間部門雇用者数の伸びは過去12カ月間で毎月平均15万9000人と、2011年以来の低水準。同平均は19年初頭は20万人を超えていた。

ムーディーズ・アナリティクスの首席エコノミスト、マーク・ザンディ氏は「労働市場は失速している」とし、「製造業者、コモディティー生産者、小売業者は雇用を削減している。採用件数も減少している。雇用増が一段と減速すれば、失業は増大する」と述べた。

11月はサービス部門が8万5000人増。前月の13万5000人増から減速し、伸びは5月以来の低水準となった。

財生産部門は1万8000人減と、3カ月連続で減少。製造業や建設業など広い分野で同等に減少した。

労働省が6日に発表する11月の雇用統計では、非農業部門の雇用者数は17万5000人増、失業率は3.6%になると予想されている。

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below