April 3, 2018 / 11:26 PM / 17 days ago

全米商工会議所、政府当局者による米企業への攻撃は「不適切」

[ワシントン 3日 ロイター] - 全米商工会議所のニール・ブラッドリー最高政策責任者(CPO)は、トランプ米大統領によるネット通販最大手アマゾン・ドット・コム(AMZN.O)への攻撃を受け、政府当局者がその地位を利用して米企業を攻撃するのは「不適切」と批判した。

ブラッドリー氏は「米経済が世界最強である理由は、自由企業制と法の原則を取り入れ、政策問題は広く認められている政策決定プロセスで対処するという体制ができているからだ。このプロセスから逸脱すれば経済成長と雇用創出が損なわれることを歴史が明確に示している」と強調した。

    0 : 0
    • narrow-browser-and-phone
    • medium-browser-and-portrait-tablet
    • landscape-tablet
    • medium-wide-browser
    • wide-browser-and-larger
    • medium-browser-and-landscape-tablet
    • medium-wide-browser-and-larger
    • above-phone
    • portrait-tablet-and-above
    • above-portrait-tablet
    • landscape-tablet-and-above
    • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
    • portrait-tablet-and-below
    • landscape-tablet-and-below