April 25, 2018 / 11:47 PM / 5 months ago

米AMD1─3月期決算は予想上回る、画像処理半導体が好調

[25日 ロイター] - 米半導体大手アドバンスト・マイクロ・デバイセズ(AMD)(AMD.O)の1─3月期決算は、利益と売上高が市場予想を上回った。パソコン(PC)やゲームコンソール、仮想通貨のマイニング(採掘)に利用される画像処理半導体(GPU)の需要が好調だったことが収益を押し上げた。

 4月25日、米半導体大手アドバンスト・マイクロ・デバイセズ(AMD)の1─3月期決算は、利益と売上高が市場予想を上回った。写真は同社ロゴ。台北で2012年6月撮影(2018年 ロイター/Yi-ting Chung)

また、今四半期の売上高予想について、市場予想を上回る数字を示したことから、株価は時間外取引で9%超上昇した。

同社の株価は過去2年間に250%超上昇している。

同社のリサ・スー最高経営責任者(CEO)はアナリスト向け電話会議で、高品質のビデオゲームが発売されたことから画像処理半導体「ラデオン」シリーズの販売が好調だったと説明した。

また、昨年の仮想通貨ブームを受け、コンピューターで暗号を解いて仮想通貨取引を承認するマイニングに利用される画像処理半導体の需要が引き続き好調だった。

仮想通貨のマイニング向け半導体の売上高は全体の約10%に達した。

一方、スーCEOはゲーム向け半導体が同社にとって引き続き最優先事項だと説明した。

純利益は8100万ドル(1株当たり0.08ドル)。3300万ドル(同0.04ドル)の純損失を計上した前年同期から黒字に転換した。

一時項目を除く1株利益は0.11ドルと、トムソン・ロイター・エスティメーツがまとめたアナリスト予想平均の0.09ドルを上回った。

売上高は40%増の16億5000万ドルとなり、予想の15億7000万ドルを上回った。

今四半期の売上高は17億3000万ドル(プラスマイナス5000万ドル)になるとの見通しを示した。アナリスト予想は15億7000万ドル。

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below