August 28, 2019 / 1:41 AM / 20 days ago

米交通当局、カメラ式モニター搭載車の走行試験へ

 8月27日、米運輸省道路交通安全局(NHTSA)は、従来型のバックミラーの代わりにカメラ式モニターシステムを搭載した自動車の走行試験を計画していると発表した。写真はドイツで展示されたアウディ55eトロン(資料写真)。3月14日撮影(2019年 ロイター/Michael Dalder)

[ワシントン 27日 ロイター] - 米運輸省道路交通安全局(NHTSA)は27日、従来型のバックミラーの代わりにカメラ式モニターシステムを搭載した自動車の走行試験を計画していると発表した。

カメラ式モニター技術は日本と欧州で既に承認されている。NHTSAは新旧それぞれの装置を備えた自動車について、運転手の行動や車線変更の様子を検証する試験を行う計画で、パブリックコメントも募集する。

米ゼネラル・モーターズ(GM)(GM.N)やトヨタ自動車(7203.T)、米テスラ(TSLA.O)が加盟する米国自動車工業会(AAM)は2014年3月、NHTSAにカメラ式モニターシステムの利用許可を求めて陳情。独ダイムラー(DAIGn.DE)も15年、大型トラックでカメラ式の利用を認めるよう求めていた。

NHTSAは昨年の報告書で、この問題をまだ検討中だと説明していた。試験はまず乗用車について集中的に行い、後に大型車に移る計画だ。

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below