September 5, 2018 / 1:19 AM / 16 days ago

米自動車販売、8月は小幅増を示唆 SUVが再び大幅な伸び

[4日 ロイター] - 自動車メーカー主要各社が公表したデータによると、8月の米自動車販売は業界全体で小幅に増加したことが示唆された。中でもスポーツ用多目的車(SUV)の販売は再び大幅増となった。低失業率と堅調な消費者信頼感が金利上昇や燃料高の影響を和らげている。

 9月4日、自動車メーカー主要各社が公表したデータによると、8月の米自動車販売は業界全体で小幅に増加したことが示唆された。中でもスポーツ用多目的車(SUV)の販売は再び大幅増となった。写真はフォードのSUV組立工場で塗装の検査をする作業員。2月にケンタッキー州で撮影(2018年 ロイター/Nick Carey)

アナリストによると、8月の米乗用車・ライトトラック販売台数はロイターがまとめたコンセンサス予想(年率1680万台)にほぼ沿う内容となった。前年同月は1660万台だった。

また、オートーデータが発表した統計によると、8月の米自動車販売台数は季節調整済みの年率で1672万台となった。7月は1677万台だった。

国内2位フォード・モーター(F.N)の8月販売台数は21万8504台。前年同月は20万9897台だった。当時はレイバーデーの販売キャンペーンがハリケーン「ハービー」と「イルマ」によって打撃を受けた。

内訳をみると、SUV販売は20.1%増。ピックアップトラックは5.7%増だった。

フォードの米国マーケティング部門責任者、マーク・ラニーブ氏は「全般的に消費者信頼感は現時点で非常に堅調だ」と述べた。

トヨタ自動車(7203.T)の8月の米国販売台数は2%減の22万3055台。半面、SUV販売は8.9%増加した。

国内首位のゼネラル・モーターズ(GM)(GM.N)は月次販売データを公表しなくなった。業界アナリストは先週、GMの8月販売台数は約8.5%減少したとの推計値を示した。

フィアット・クライスラー(FCHA.MI)は8月の米国販売が10%増の19万3718台になったと発表。「ジープ」と「ラム」ブランドが堅調だった。

フォードの米州担当シニアエコノミスト、ブライアン・ベゾルド氏は、米国における業界全体の販売台数は上向く可能性があるものの、現状のように頭打ちとなる可能性のほうがより高いとの見方を示した。

ホンダ(7267.T)の8月米国販売は1.3%増の14万7903台。「CR-V」や「オデッセイ」を含むSUV販売が約19%増えた。

日産グループの8月販売は約4%増の11万2376台。「ムラーノ」や「ローグ」といったクロスオーバー車の販売増が寄与した。

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below