February 1, 2019 / 10:00 PM / 15 days ago

米自動車販売、1月はトヨタ6.6%減 カムリやプリウス販売低迷

[1日 ロイター] - 米国内自動車販売3位のトヨタ自動車(7203.T)は1日、1月の米国内販売台数が6.6%減少したと発表した。

主力「カムリ」の販売は3.4%減、「プリウス」は57%の大幅減となったことが響いた。

米自動車大手ゼネラル・モーターズ(GM)(GM.N)やフォード・モーター(F.N)は月間販売台数の公表を現在行っていないが、ブルームバーグによると、フォードの米国内販売は7%増、GMは7%減だった。

フィアット・クライスラー・オートモービルズ(FCA)(FCHA.MI)の販売台数は2%増。ピックアップトラックの「ラム」の販売が24%急増したことが追い風となった。FCAは今年の米国内自動車販売が好調となることを見込んでいる。

フィアットの米国販売主任、レイド・ビッグランド氏は「1月は寒波に見舞われたものの、米経済の基調的な力強さが継続していることを踏まえ、2019年の自動車販売動向に強気な見通しを維持する」と述べた。

自動車業界コンサルタントのJDパワーとLMCオートモーティブによる1月の米自動車販売台数見通しは前年同月比約1%減。2019年通年では軽量車の販売台数は1.9%減の約1700万台になる見通し。

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below