July 27, 2019 / 12:19 AM / 4 months ago

コラム:米資産運用業界、ブラックロックの利益率縮小が激震に

[ニューヨーク 19日 ロイター BREAKINGVIEWS] - 自然界では、先々に待ち受ける厄介な問題を知らせてくれるのは「小型」の動物であることが多い。有名なのは鉱山内の有毒ガスをいち早く検知するカナリアだ。しかし資産運用業界において、そうした傾向は当てはまらない。逆に運用額6兆8000億ドルという世界最大手のブラックロック(BLK.N)の利益率縮小が、より小規模な同業他社を戦々恐々とさせてしまうだろう。

 7月19日、自然界では、先々に待ち受ける厄介な問題を知らせてくれるのは「小型」の動物であることが多い。写真はニューヨークでフォーラムに参加するラリー・フィンクCEO。2018年9月26日撮影(2019年 ロイター/Shannon Stapleton)

ラリー・フィンク最高経営責任者(CEO)が率いるブラックロックは、第2・四半期に1510億ドルもの資金を新規に集めることができた。インベストメント・アンド・ペンションズ・ヨーロッパによると、この流入額は世界の資産運用大手100社中でもトップクラスだった。またここ最近までと違って、1250億ドルに上る長期資金流入の大半は、アクティブ型運用戦略がもたらしてくれた。しかし同社の利益は前年同期比で7%減少している。

その理由の一部は、新規資金のほとんどが現金保管商品と防衛的な債券投資に流れ込んだことにある。いずれも、株式の選別投資に基づくファンドより利益率が低くなりがちだからだ。実際、歴史的な低金利と株式のバリュエーションへの警戒感から多くの投資家の姿勢が慎重になった結果、第2・四半期はマネー・マーケット型商品や債券商品への流入が全体の9割を占めた。

さらにブラックロックは市場からの圧力を受け、傘下のiシェアーズが提供する多くの上場投資信託(ETF)の手数料を引き下げている。これらのETFには360億ドルが流入した。ヘッジファンド業界が、eベストメントのデータで上半期に450億ドルが流出するなど不振に見舞われたことから、証券貸与事業の収入も圧迫された。

もっともフィンク氏にはいくつかの対抗策がある。同社が開発した運用ポートフォリオ構築やリスク管理を手助けするソフトウエア「アラジン」には顧客が殺到し、テクノロジー分野の収入を前年比で20%押し上げた。5月には、プライベートエクイティなどオルタナティブ投資の分析を手掛ける仏ソフトウエア会社eフロントを買収しており、ブラックロックのオルタナティブ投資事業拡大につながるはずだ。

ただこれらの追い風があってもなお、ブラックロックの営業利益率は前年同期から4%ポイント近く下がって36%になってしまった。株価も過去1年間で5%前後下落し、この間に7%上がったS&P総合500種に見劣りする状況だ。

こうした現象は、規模がより小さくそれほど事業が多角化されていない同業他社に警鐘を鳴らしている。T・ロウ・プライス(TROW.O)は過去1年で同じような利益率の悪化に見舞われている。また、レッグ・メーソン(LM.N)の収益力の弱さは物言う投資家ネルソン・ペルツ氏からの改善要求にさらされ、5月には同氏がレッグ・メーソンの取締役ポストを確保した。

●背景となるニュース

・ブラックロックが19日発表した第2・四半期利益は10億ドルで、前年同期比7%減少した。1株利益は6.41ドルと、リフィニティブがまとめたアナリスト予想平均の6.50ドルに届かなかった。収入は2%減の35億ドル、アナリスト予想は36億ドルだった。[nL4N24K30B]

・同社の第2・四半期の差し引き新規資金流入額は1510億ドルで、運用資産は6兆8000億ドルに増えた。

*筆者は「Reuters Breakingviews」のコラムニストです。本コラムは筆者の個人的見解に基づいて書かれています)

*このドキュメントにおけるニュース、取引価格、データ及びその他の情報などのコンテンツはあくまでも利用者の個人使用のみのためにロイターのコラムニストによって提供されているものであって、商用目的のために提供されているものではありません。このドキュメントの当コンテンツは、投資活動を勧誘又は誘引するものではなく、また当コンテンツを取引又は売買を行う際の意思決定の目的で使用することは適切ではありません。当コンテンツは投資助言となる投資、税金、法律等のいかなる助言も提供せず、また、特定の金融の個別銘柄、金融投資あるいは金融商品に関するいかなる勧告もしません。このドキュメントの使用は、資格のある投資専門家の投資助言に取って代わるものではありません。ロイターはコンテンツの信頼性を確保するよう合理的な努力をしていますが、コラムニストによって提供されたいかなる見解又は意見は当該コラムニスト自身の見解や分析であって、ロイターの見解、分析ではありません。

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below