Reuters logo
米、加ボンバルディア旅客機に制裁関税 貿易紛争激化の可能性も
December 21, 2017 / 1:25 AM / a month ago

米、加ボンバルディア旅客機に制裁関税 貿易紛争激化の可能性も

[ワシントン 21日 ロイター] - 米商務省は20日、カナダのボンバルディア(BBDb.TO)製小型ジェット機「Cシリーズ」に300%近い制裁関税を課す最終決定を下した。不正な政府補助金が支給されているとする米ボーイング(BA.N)の訴えを支持した格好で、同問題を巡る貿易紛争が激化する可能性がある。

 12月21日、米商務省は20日、カナダのボンバルディア製小型ジェット機「Cシリーズ」に300%近い制裁関税を課す最終決定を下した。不正な政府補助金が支給されているとする米ボーイングの訴えを支持した格好で、同問題を巡る貿易紛争が激化する可能性がある。写真はケベック州ミラベルで昨年4月撮影(2017年 ロイター/Pascal Rossignol)

ボーイングはボンバルディアがカナダ政府から違法な補助金の支給を受け、米国でCシリーズを不当に低い価格で販売していると訴えていた。ボーイングは文書で、訴えが認められたと強調した。

ボーイングによると、ボンバルディアが米デルタ航空(DAL.N)から受注したCシリーズ75機の価格は1機当たり2000万ドルと、推定コストの3300万ドルやカナダでの販売価格を下回った。相殺関税と反ダンピング関税から成る制裁関税が適用された場合、米国で販売されるCシリーズの価格は3倍以上に急騰することになる。

米国際貿易委員会(ITC)が来年初頭に予定される最終決定でボーイングの訴えを支持すれば、関税が発効する。

    ボンバルディアは商務省の決定は「現実離れ」していると批判。欧州航空機大手エアバス(AIR.PA)と共同でCシリーズを米アラバマ州で組み立てる計画があるため、国内製品の扱いになると説明した。

    また、発売時の価格や大型プロジェクトの資金調達などについて航空業界の長年の慣行を踏まえていないとした。

    カナダのフリーランド外相は声明で「保護主義からカナダの企業や労働者を守る断固たる決意」を表明。今回の決定に抗議するための措置や選択肢を検討するとした。

    カナダは世界貿易機関(WTO)に介入を求めるか、北米自由貿易協定(NAFTA)による仲裁制度を利用する可能性を検討しており、この問題を巡るカナダと米国の貿易紛争が激化する可能性がある。

    0 : 0
    • narrow-browser-and-phone
    • medium-browser-and-portrait-tablet
    • landscape-tablet
    • medium-wide-browser
    • wide-browser-and-larger
    • medium-browser-and-landscape-tablet
    • medium-wide-browser-and-larger
    • above-phone
    • portrait-tablet-and-above
    • above-portrait-tablet
    • landscape-tablet-and-above
    • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
    • portrait-tablet-and-below
    • landscape-tablet-and-below