for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up
コラム

コラム:米長期金利の「良い」上昇、悪夢に転じる可能性も

[ロンドン 25日 ロイター BREAKINGVIEWS] - 穏やかに始まった夢が時として悪夢に転じるように、債券利回りの「良い」上昇も、株式市場を悩ます姿へと変わっていく可能性を秘めている。

2月25日、穏やかに始まった夢が時として悪夢に転じるように、債券利回りの「良い」上昇も、株式市場を悩ます姿へと変わっていく可能性を秘めている。写真は米ドル紙幣。ソウルで2011年2月圧英(2021年 ロイター/Lee Jae-Won)

10年物米国債利回りは5カ月足らずの間に2倍に上昇し、25日には1年ぶり高値の1.45%を付けた。利回りの上昇は借り入れコストを増やすとともに、割引率の上昇を通じて株主から見たキャッシュフローの現在価値を低下させるため、企業にとって望ましい現象ではない。とはいえ、利回りの上昇が景気見通しの好転に起因している限り、株式市場は普通うまくしのげるものだ。

今のところ、そうした状況にあるのは間違いない。新型コロナウイルスワクチンの接種により経済活動は持ち直しており、バイデン米大統領の大型経済対策がこの回復に加勢するだろう。バンク・オブ・アメリカが世界の機関投資家を対象に実施している調査では、今年の世界経済改善を見込む回答の割合は過去最高となっている。株式市場は今週に入って多少動揺が見られるとは言え、10年物米国債利回りが2倍に上昇する間にもなおS&P500種総合株価指数が12%値上がりしたのは、そういうわけだ。

米連邦準備理事会(FRB)も株式投資家が物事の明るい面にフォーカスするのを助けている。パウエル議長は24日、金融引き締めはかなり先まで見送るとの明確なメッセージを発した。金融引き締めは株価上昇という宴会をしらけさせる常連だ。

議長は、インフレ率が2%を超えるまでFRBは利上げをしないと述べた。そうした状況が実現するのは3年以上先になる可能性があるとも語った。FRBは、経済と労働市場がしっかり回復したのを見定めてから利上げしたいと望んでいるのかもしれない。

しかしこれにより、株式投資家にとってのリスクがもう1枚重なる。FRBは昨年採用した新戦略で、インフレ率の2%超えを一定期間容認する方針を示した。つまり、どれくらいの上振れを、どれくらいの期間許すのか不確かなのだ。インフレ率が予想されたよりも大きくなれば債券利回りは急上昇するだろう。資本コストが成長率を上回るペースで上昇しているかもしれないと受け止められれば、企業の価値評価は下がり、株式投資家は問題を抱えるだろう。

問題は別方向からも生じかねない。FRBは過去数十年間、経済成長によって物価が上がり始めると、金融引き締めというブレーキを踏んできた。物価上昇率の上振れが賃金上昇を招き、これが物価上昇、次に賃金上昇といった循環が増幅されたならば、ブレーキペダルをこれまでより強く踏まざるを得ないかもしれない。ここに挙げたのはいずれも差し迫った脅威ではない。それでも株式投資家は頭痛薬を常備しておくに越したことはない。

●背景となるニュース

*10年物米国債利回りは25日、1年ぶり高値の1.45%を付けた。

*パウエルFRB議長は24日、米下院金融委員会で証言し、経済を完全雇用状態に戻す決意を改めて示し、物価が継続的に、問題をはらむ形で上昇し始めない限り、インフレの心配はほとんど無いとの認識を示した。

*FRBはこれまでに、インフレ率が2%を超えるまで利上げを控えると表明している。パウエル議長は24日、それには「3年以上要するかもしれない」と述べた。

(筆者は「Reuters Breakingviews」のコラムニストです。本コラムは筆者の個人的見解に基づいて書かれています)

*このドキュメントにおけるニュース、取引価格、データ及びその他の情報などのコンテンツはあくまでも利用者の個人使用のみのためにロイターのコラムニストによって提供されているものであって、商用目的のために提供されているものではありません。このドキュメントの当コンテンツは、投資活動を勧誘又は誘引するものではなく、また当コンテンツを取引又は売買を行う際の意思決定の目的で使用することは適切ではありません。当コンテンツは投資助言となる投資、税金、法律等のいかなる助言も提供せず、また、特定の金融の個別銘柄、金融投資あるいは金融商品に関するいかなる勧告もしません。このドキュメントの使用は、資格のある投資専門家の投資助言に取って代わるものではありません。ロイターはコンテンツの信頼性を確保するよう合理的な努力をしていますが、コラムニストによって提供されたいかなる見解又は意見は当該コラムニスト自身の見解や分析であって、ロイターの見解、分析ではありません。

for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up