November 13, 2019 / 12:09 AM / a month ago

米国債の逆イールド解消に安心感=ミネアポリス連銀総裁

11月12日、米ミネアポリス地区連銀のカシュカリ総裁(写真)は、リセッション(景気後退)の前兆とされる米国債利回りの逆転(逆イールド)が解消されたことに安心感を示した。ニューヨークで3月撮影(2019年 ロイター/Shannon Stapleton)

[12日 ロイター] - 米ミネアポリス地区連銀のカシュカリ総裁は12日、リセッション(景気後退)の前兆とされる米国債利回りの逆転(逆イールド)が解消されたことに安心感を示した。

総裁はまた、設備投資が弱い一方で、消費支出や雇用市場は力強く、米経済見通しは「若干まだら模様だが、おそらく数カ月前と比べるとやや楽観度が増している」と語った。

連邦準備理事会(FRB)は先月末、今年3回目の利下げを実施し、フェデラルファンド(FF)金利の誘導目標は1.50─1.75%となった。[nL3N27F4UG]

総裁はこの水準について、大方のFRB当局者が「やや緩和的」と認識していると述べた。

「イールドカーブの逆転が解消されており、われわれが経済にかかるブレーキを取り除いたことが示唆されている」と語った。

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below