September 17, 2019 / 11:10 PM / in a month

日本の米国債保有、7月は2カ月連続で首位=対米証券投資

[ニューヨーク 17日 ロイター] - 米財務省が17日に発表した7月の対米証券投資統計によると、日本の米国債保有高が2カ月連続で中国を上回り、外国勢として米国債の最大の保有国となった。

日本の米国債保有高は1兆1300億ドルと、6月の1兆1220億ドルから増加し、2016年10月以来約3年ぶりの高水準となった。

2位の中国の米国債保有高は1兆1100億ドルと、6月の1兆1120億ドルから減少し、2017年4月以来の低水準となった。

全体としてみると、海外投資家による7月の米財務省証券投資は109億5000万ドルの買い越しとなった。6月と5月はそれぞれ77億1000万ドルと327億9000万ドルの売り越しだった。

7月は外国公的機関が311億2000万ドルの米国債を売却したのに対し、海外民間投資家が423億9000万ドル分を購入した。

米連邦準備理事会(FRB)は7月31日に利下げを決定。翌月には米中が互いに追加関税の発動を警告して緊張が高まり、米国債価格が急上昇した。

BMOキャピタル・マーケッツのシニア金利ストラテジスト、ジョン・ヒル氏は「FRBによる利下げ前の民間需要の一部は、金融緩和局面に入るに当たり長めのデュレーションのポジションをとったほうが良いとの考えが背景にあったのだろう」と指摘した。

7月の海外勢による米株式投資は242億6000万ドルの買い越し。6月の263億5000万ドルに続き2カ月連続の買い越しとなった。それまでは13カ月連続で売り越しが続いていた。

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below