November 1, 2019 / 2:51 AM / 11 days ago

米カリフォルニア州南部で新たな山火事、強力な季節風が影響

 10月31日、米カリフォルニア州で山火事が多発するなか、同州南部のサンバーナーディーノ国立森林公園で新たな山火事が発生し、80ヘクタールに延焼し、住宅6軒以上が倒壊するなどの被害を受けた。写真は27日、同じくカリフォルニア州のヒールズバーグで発生した山火事を撮影した短波赤外線(SWIR)画像(2019年 ロイター/Maxar Technologies)

[ロサンゼルス 31日 ロイター] - 米カリフォルニア州で山火事が多発するなか、同州南部のサンバーナーディーノ国立森林公園で31日未明、新たな山火事が発生し、80ヘクタールに延焼し、住宅6軒以上が倒壊するなどの被害を受けた。

当局は約500世帯1300人に避難を指示。負傷者は報告されていない。

山火事の原因については当局が調査中。サンバーナーディーノ群の消防当局はツイッターで、火元に電線はなかったと説明している。

消防当局の広報担当は「火の手が広がった最大の原因は恐らく風だ」と述べた。

カリフォルニア州では「サンタアナ」と呼ばれる乾燥した強い季節風が続いている。

同州南部では週初からこれまでに2回、大規模な山火事が発生している。1回目は10月28日にロサンゼルス市の有名美術館として知られるゲッティセンター付近で発生し、31日までに火の勢いは抑えられた。2回目は、ロサンゼルス郊外シミバレーで30日に起こり、丘の上にあるレーガン大統領記念図書館に迫った。

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below