Reuters logo
北朝鮮の核開発放棄に向け国際協調必要=米軍縮大使
2017年8月30日 / 17:19 / 1ヶ月前

北朝鮮の核開発放棄に向け国際協調必要=米軍縮大使

[ジュネーブ 30日 ロイター] - 米国のロバート・ウッド軍縮大使は30日、北朝鮮の核・ミサイル開発放棄に向け圧力をかけるため、国際社会は全面的な経済制裁の導入で「協調行動」をとる必要があるとの立場を示した。

同大使はジュネーブで開かれている国連主催の軍縮会議で、「こうした制裁措置を導入することの目的は、北朝鮮の政権に禁止されている(核・ミサイル)開発を放棄させることで、北朝鮮の国民や経済、およびその他の国を罰することではない」と述べた。

北朝鮮は29日、日本上空を通過する弾道ミサイルを発射。同軍縮会議では日米韓の軍高官が北朝鮮の核・ミサイル開発プログラムについて詳細な説明を実施している。

私たちの行動規範:トムソン・ロイター「信頼の原則」
0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below