March 20, 2018 / 2:41 AM / 4 months ago

サッカー=米・カナダ・メキシコ、W杯共催へ「反米感情の懸念ない」

[19日 ロイター] - サッカーの2026年ワールドカップ(W杯)共催を目指す米国、メキシコ、カナダの3カ国は19日、反米感情への懸念は一切ないとの見解を示した。

 3月19日、サッカーの2026年W杯共催を目指す米国、メキシコ、カナダの3カ国は、反米感情への懸念は一切ないとの見解を示した。写真はアステカ・スタジアムでのプレゼンテーションから。メキシコ市で2月撮影(2018年 ロイター/Carlos Jasso)

3カ国の代表は16日、国際サッカー連盟(FIFA)に対し開催計画に関するプレゼンテーションを実施。最先端の設備、確実な運営、財政的な保証を特色とし、専門的裏付けとが備わった上にリスクの低い候補地だと訴えた。

トランプ米大統領の移民政策などを巡る反米感情が懸念されるが、米国代表は「これは地政学ではない」とし、「われわれはサッカーの話をしている。何の反発もない」と否定した。

このほか単独開催を狙うモロッコが立候補しており、開催地は6月13日にモスクワで行われるFIFA総会で決まる。

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below