September 25, 2018 / 4:11 PM / 23 days ago

米CB消費者信頼感指数、9月は18年ぶり高水準 貿易摩擦の影響軽微

[ワシントン 25日 ロイター] - コンファレンス・ボード(CB)が公表した9月の米消費者信頼感指数は138.4と、前月の134.7(上方修正後)から予想外に上昇し、2000年9月以来18年ぶりの高水準を記録した。

米中貿易摩擦が激化する中でも米経済は底堅さを保っていることが浮き彫りとなった。

ロイターがまとめたアナリスト予想は、132.0への低下を見込んでいた。リン・フランコ調査部長は「消費者の現況評価が引き続き極めて前向きで、堅調な景気や雇用の伸びが支援材料」と分析した。指数は今年に入り過去最高となる144.7を記録している。

MFUG(ニューヨーク)の首席エコノミスト、クリス・ラプキー氏は「個人消費は常に経済の起爆剤となる成長エンジンの運転役を担っているが、関税問題の影響が表面化した場合、何が起きるかを予想することは非常に難しい」と述べた。

家計の多くが家電や自動車、住宅の購入を計画しており、向こう半年の事業環境に前向きな中、足元、貿易摩擦が消費者に及ぼす悪影響は軽微とみられる。また、関税に伴い中国からの輸入品がさらに値上がりしても、労働市場のひっ迫に伴う賃金上昇や高い貯蓄率が家計の下支えになると指摘する専門家もいる。

ベレンバーグ・キャピタルマーケッツ(ニューヨーク)のエコノミスト、ロヤナ・リード氏は「消費者が値上がり商品の代替品を購入したり、企業がコスト上昇を吸収したりすることは可能だ」と話した。

内訳では、現況指数が173.1と、前月の172.8(修正後)から上昇。期待指数は115.3で、前月の109.3(同)から上がった。

就職が困難とみる向きと職が十分とみる向きの差は32.5と、2001年1月以降で最大となった。

1年先のインフレ期待は4.7%で、前月水準(同)から変わらずだった。

*内容を追加して再送します。

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below