September 25, 2019 / 7:04 AM / 22 days ago

アングル:米中貿易摩擦で対中輸出減のアジア、生き残り模索

[25日 ロイター] - 米中貿易摩擦の影響で中国の輸入が減少する中、アジア諸国は中国以外の成長けん引役を模索している。

9月25日、米中貿易摩擦の影響で中国の輸入が減少する中、アジア諸国は中国以外の成長けん引役を模索している。写真はバンコクの港。2016年5月撮影(2019年 ロイター/Jorge Silva)

外国企業の誘致や国内消費の押し上げ、代替輸出先の模索などがその一例だ。

タイは外国企業誘致を狙った法改正や税制優遇措置を柱とする「移転パッケージ」を発表。マレーシアも企業を誘致するため投資承認を加速する委員会を設置し、今月に入って5億ドル超の計画を承認したと明らかにした。

インドネシア中銀は前週、過去3カ月で3回目となる利下げを決定したほか、国内の支出押し上げを狙った措置も発表している。インドやフィリピンの中銀も複数回の利下げを実施した。

アジア諸国は中国向け輸出が今年減速するなか代替輸出先を模索している。日本や韓国の輸出は今年上期、中国向けが減少したが、米英やロシア向けは増加した。

マレーシアやタイも米国やシンガポール、ベトナム向けなどの輸出が増加した。

インドネシア中銀のドディ・ブディ・ワルヨ副総裁はロイターに対し、「非伝統的な市場を模索する取り組みの結果、チリやカタール、スリランカ向けなどの輸出が拡大した」と指摘し、中国や米国への輸出減少を補うべく、インドネシアは輸出先を多様化したと語った。

韓国やインドネシア、台湾など8つの主要経済圏をロイターが分析したところ、中国からの輸出収入が域内総生産(GDP)に占める比率は今年6月末時点で8%と、前年同期の9.3%から低下した。

第2・四半期の日本のGDPは外需による押し下げを内需の押し上げが相殺する構図となった。

マレーシアの第2・四半期GDPも個人消費が寄与して前年比4.9%増と、堅調な伸びを見せた。

経済協力開発機構(OECD)は7月のリポートで「アジアでは貿易摩擦が一因となって経済成長に鈍化の兆しが見られるが、国内の個人消費はよく持ちこたえている」と指摘している。

<サプライチェーンのシフト>

エコノミストは、アジアの企業が中国の工場を閉鎖し、自国に拠点を移す最近の流れについて、中国への依存を減らす一助になると指摘する。

野村の今月のリポートによると、三菱電機(6503.T)や東芝機械(6104.T)、台湾の台郡科技(6269.TW)や広達電脳(クアンタ)(2382.TW)、韓国のSKハイニックス(000660.KS)などが生産拠点を中国から本国に移すことを検討している。

一部の米欧企業は中国の工場をベトナムやフィリピン、カンボジアなど他の低コスト地域に移している。ドイツのスポーツ用品大手プーマ(PUMG.DE)は中国での一部の生産をベトナムとバングラデシュに移した。ギャップ(GPS.N)やメーシーズ(M.N)などの米小売大手も中国から生産を移転させている。

ロイターが確認した資料によると、インドはアップル(AAPL.O)やフォックスコン、緯創資通(ウィストロン)(3231.TW)などの誘致を目指している。

コストの低いアジア諸国の一部では海外直接投資(FDI)が増加しており、経常収支が改善して中銀に利下げ余地が生まれている。1─8月のベトナムへのFDIは120億ドルと、前年同期の112億5000万ドルを上回った。タイへのFDIも拡大している。

オックスフォード・エコノミクスのシニアエコノミスト、トミー・ウー氏は、高度な技術が必要な生産は韓国や台湾に移転し、その他はインドやベトナムにシフトする可能性が高いと指摘。「多くの企業は米中貿易摩擦の前から、中国の生産コスト上昇を受けて生産移転を検討していた。そこに貿易摩擦が起き、移転の流れが加速するきっかけになった」と話した。

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below