August 24, 2018 / 10:17 AM / a month ago

コラム:対中通商協議、米の本音「技術移転」中止なら早期合意困難か

[東京 24日 ロイター] - 次官級による米中通商協議が大きな進展なく終了した。この先に閣僚級の協議が行われ、最終的に首脳会談で何らかの決着が図られるという「楽観論」から、市場は大きく反応していない。しかし、米国の本音が「技術移転」の中止にあるなら、米中による早期の合意形成は難しいだろう。

 8月24日、次官級による米中通商協議が大きな進展なく終了した。この先に閣僚級の協議が行われ、最終的に首脳会談で何らかの決着が図られるという「楽観論」から、市場は大きく反応していない。北京で昨年11月撮影(2018年 ロイター/Damir Sagolj)

2000億ドルの中国製品を対象とする25%の追加関税発動を検討する手続きが9月上旬にも終了した後、実行される可能性がかなりありそうだ。

マーケットには、22、23日の米中次官級協議に対する大きな期待感があった。仮に明確な合意が公表されなくても、その次のステップとして閣僚級協議が設定され、さらに最終的にはトランプ大統領と習主席とのトップ同士の会談で、決着が図られると言うシナリオだ。

当然ながら、米国の2000億ドルの関税実施は取りやめとなるというのが、市場の楽観的見通しの「骨格」と言える。

しかし、協議終了後、米政府高官は、知的財産権侵害や中国政府の企業への補助金など米側の指摘に中国側が対処していないと述べた。

一方、中国商務省は24日に声明を公表し、その中で建設的で率直な意見交換が行われ、両国は次のステップに向けて接触を続けるとした。

両者のコメントからは、明らかに「温度差」がうかがえる。突き放す米国に対し、合意形成に積極的な中国という構図だ。

形式論的な見方で言えば、中国の対米輸出額は5000億ドルで、米国の対中輸出額は1300億ドルという現状では、中国は報復関税の対象額が早めに頭打ちになり、不利になるのは明白だ。

だが、そればかりではない。米国が中国による「技術移転」の差し止めを求め、それが現実になった場合、習主席が重要政策に掲げる「中国製造2025」の実現に「黄信号」が点灯しかねないとの見方が、複数の通商関係者から出ている。

もし、その見方が妥当性を持っているなら、中国経済に大きな打撃となるだけなく、習政権の威信にも「傷」が付きかねない。

このため、今回の米中協議は、「落とし所」が見えないという声も、通商関係者らの中でささやかれている。

実際、米国と中国の主張はかみ合っていない。今回の追加関税検討の根拠としている部分は、米国が今年4月に公表した「外国貿易障壁報告書」に明記されている。そこでは、技術移転の強制、過剰生産、サイバーセキュリティー対策が列挙され、「中国製造2025」がやり玉に挙がった。

また、対中投資を承認する際に、不利なライセンス契約を命じているとし、技術移転が強制されているとした。

これに対し、中国は外国企業からの技術移転は、中国が課している規制の条件ではなく、米国の主張は根拠がないと世界貿易機関(WTO)などの場で反論。中国の技術革新は、中国国民の勤勉さや企業家精神、教育や研究への投資、知的財産権保護への取り組みの結果であると説明している。

市場の一部で根強くささやかれている人民元の対ドルレートを元安から元高に誘導することで妥協が図られるとの見方は、かなり楽観的だと考える。

これからの産業地図を塗り替える力を持つ「先端技術」を中国が「低コスト」で獲得するなら、今の米国の技術的覇権は維持できなくなるとの強い懸念が、米国の政策の根底にあるのではないか。

もし、この推論が正しければ、米中貿易戦争は、中国がLNGや原油を購入したり、航空機をまとめ買いすることでは決着しないだろう。

とりあえず、2000億ドル規模の追加関税措置が発動されるのかどうか。そこが最初のポイントになる。

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below