for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up

米中政府高官、5月ダボス会議で会談の可能性=WEF総裁

 1月29日、バイデン米新政権は、5月にシンガポールで開かれる世界経済フォーラムの年次総会(ダボス会議)で、中国側の高官らと会談する可能性がある。写真は米中の国旗。上海で2019年7月撮影(2021年 ロイター/Aly Song)

[シンガポール 29日 ロイター] - バイデン米新政権は、5月にシンガポールで開かれる世界経済フォーラムの年次総会(ダボス会議)で、中国側の高官らと会談する可能性がある。世界経済フォーラム(WEF)総裁が29日、明らかにした。

ダボス会議は例年、スイスのダボスで開催されるが、新型コロナウイルスの感染が欧州で拡大していることを踏まえ、今年はシンガポールで開かれる。

WEFのボルゲ・ブレンデ総裁は、シンガポールのリー・シェンロン首相とのオンライン協議で「シンガポールは米国との結びつきが強いが、中国とも非常にうまくやっている」と指摘し「ダボス会議はバイデン新政権と中国が会談する場になる可能性がある」との見方を示した。

シンガポール首相は、米中関係は仕切り直しが必要と主張。「米中が相互関係のトーンをリセットし、衝突を回避するのに、遅過ぎるということはない。米国で新政権が発足したことは、関係改善の好機だ」と述べた。

シンガポールでのダボス会議は5月25─28日に開催される。新型コロナが世界の多くの地域で依然として猛威を振るう中、米中はともに、ダボス会議に高官を派遣するかどうかまだ明らかにしていない。

*内容を追加しました。

for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up