June 18, 2019 / 2:54 PM / in 4 months

米中首脳、G20で会談へ 通商巡る事前協議開始=米大統領

[ワシントン 18日 ロイター] - トランプ米大統領は18日、中国の習近平国家主席と電話会談を行ったことを明らかにし、米中首脳会談を今月末に大阪で開催される20カ国・地域(G20)首脳会議(サミット)に合わせて実施すると述べた。首脳会談に先立ち両国は通商問題を巡る事前協議を開始する。

トランプ大統領は「習主席と非常に良い電話会談を行った。来週に日本で開催されるG20首脳会議の際に引き続き会談を行う。これに先立ち、われわれの代表団は(通商問題を巡る)事前協議を実施する」とツイッターに投稿した。

中国の国営中央テレビ(CCTV)もこの日、中国の習近平国家主席がトランプ米大統領と電話会談を行ったと報道。電話会談で習主席は首脳会談の実施に合意した上で、経済、通商上の問題は対話を通して解決する必要があるとの姿勢を強調したと報じた。

国営テレビによると、習主席は「互いの正統な懸念に配慮を示すことが重要だ。われわれは米国が中国企業を公平に扱うことも願っている。見解の相違の解消に向け、米中両国の経済、通商チームが対話を継続することに合意する」と述べた。

また、習主席はトランプ大統領に対し、米中関係は困難に直面したとの認識を示した上で、米中が協力すれば双方の利益になり、対立すれば双方の痛手になると伝えたという。

トランプ大統領はホワイトハウスで記者団に対し「(合意の)チャンスがあると思う。中国が合意を望んでいることを私は知っている。中国は関税を好まず、多くの企業が関税を回避するため中国を去っている」と述べた。

また「会談はうまく行く可能性が十分ある。米交渉担当者は明日、やり取りを始める」とした上で、「中国は合意を望んでいる。米国も合意を望んでいるが、皆にとって良い取引でなければならない」と語った。

6月18日、トランプ米大統領は、米中首脳会談を今月末に大阪で開催される20カ国・地域(G20)首脳会議(サミット)に合わせて実施すると述べた。北京で2017年11月撮影(2019年 ロイター/Damir Sagolj)

トランプ氏のツイートを受け、米中の通商を巡る緊張が緩和に向かうとの期待から米株価が上昇するなどの動きが出た。

米政府通商交渉団のメンバーだったクリート・ウィレムス氏は、昨年末にアルゼンチンで行われた米中首脳会談は「協議の前進に向け重要な役割を果たした」と指摘。首脳会談は「協議を再び軌道に乗せるために必要不可欠だ」と述べた。

*内容を追加しました。

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below