October 23, 2018 / 8:38 AM / a month ago

米中通商問題、投資マインドや市場通じ世界経済に影響も=茂木再生相

 10月23日、茂木敏充経済再生相(写真)は閣議後会見で、同日の日経平均株価急落を受けて「日本経済のファンダメンタルズ(基礎的条件)は堅調」とコメントした。ダナンで昨年11月撮影(2018年 ロイター/Nguyen Huy Kham)

[東京 23日 ロイター] - 茂木敏充経済再生相は23日の閣議後会見で、同日の日経平均株価.N225急落を受けて「日本経済のファンダメンタルズ(基礎的条件)は堅調」とコメントした。

同日開催された月例経済報告等に関する関係閣僚会議では「米中通商問題への懸念とともに人民元安が進んでいる。外貨準備の減少や貿易量の増減は比較的小幅にとどまっているが、今後の動向には留意が必要」と述べ、「米中通商問題は投資マインドや市場を通じて世界経済に影響を与える可能性がある」と警戒感を示した。

米中通商問題の日本への影響については「統計にはっきり表れる形では確認できていない」としつつ、「今後の動向を注視する」と語った。

竹本能文

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below