December 16, 2018 / 11:52 PM / in 3 months

米、中国製品2000億ドル分への追加関税を正式に延期

12月14日、米通商代表部は、2000億ドル相当の中国製品に対する追加関税適用日を2019年1月1日から同年3月2日に正式に延期した。上海の港に積まれた輸送用コンテナ。2018年8月撮影(2018年 ロイター/Aly Song)

[ワシントン 14日 ロイター] - 米通商代表部(USTR)は14日、2000億ドル相当の中国製品に対する追加関税適用日を2019年1月1日から同年3月2日に正式に延期した。先の米中首脳会談で合意された90日の猶予期間に貿易や知的財産権保護に関する協議を推進する。

連邦公報向けに提出された文書によると、新たな適用日である3月2日午前12時01分(日本時間午後2時01分)に関税率は10%から25%に引き上げられることになる。中国ハイテク製品500億ドル分を対象に既に導入されている25%の輸入関税は影響を受けない。

USTRは、習近平・中国国家主席とトランプ米大統領の1日の会談を受けて両国政府が、米通商法301条に基づく調査で明らかになった中国の「活動や政策、慣行の排除を達成するために」新たな協議に着手したことを延期の理由に挙げた。

USTRは通商協議で見込まれる成果について詳しく説明していない。ホワイトハウスは90日間の協議で技術の強制移転、知的財産権の保護、非関税障壁などに関する構造的変革をテーマにするとの声明を出しており、USTRはこれに言及した。

中国が米国産大豆の購入を再開し、米国産自動車や自動車部品への追加関税適用を停止したことには触れていない。

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below