July 4, 2019 / 8:17 AM / 16 days ago

米国との通商合意には既存の関税撤廃が必要=中国商務省

 7月4日、中国商務省は、米中が通商合意に達するためには、米国が既存の関税を撤廃する必要があるとの認識を示した。写真は5月撮影(2019年 ロイター/Jason Lee)

[北京 4日 ロイター] - 中国商務省は4日、米中が通商合意に達するためには、米国が既存の関税を撤廃する必要があるとの認識を示した。米中の通商チームは連絡を取り合っているという。商務省報道官が定例会見で明らかにした。

米中首脳は先週末、通商交渉を再開することで合意。トランプ米大統領は中国製品3000億ドル相当に対する追加関税の発動を見送ることや、中国の通信機器大手、華為技術(ファーウェイ)[HWT.UL]に対する制裁を緩和することで合意した。

米国は現在、中国製品2500億ドル相当に25%の関税を適用している。

同報道官は、貿易戦争の休戦はいつまで続くのかとの質問に対し、米国が新たな関税の発動を見送ったことを歓迎すると答えた。

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below