September 26, 2019 / 8:25 AM / a month ago

在日米商工会議所が通商交渉合意を歓迎、サービス含む包括協定も要望

[東京 26日 ロイター] - 在日米国商工会議所は26日、日米両国政府による通商交渉の合意を歓迎すると共に、「革新的な米国企業の日本市場におけるさらなる成功につながる、デジタル貿易分野での合意」を高く評価した。同時に「日米両国政府が通商交渉の第2段階に早期に移行し、両国の雇用・投資に重要な、未来志向の製品やサービス、技術に関する包括的な二国間協定が締結されることを望む」と表明した。

日米通商交渉は当初から日本側が農産品と工業品など物品分野に限定した交渉に限定する意向であったのに対し、米国側はサービス・金融分野も含む包括的な自由貿易協定(FTA)締結を志向してきた。

竹本能文

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below