March 11, 2019 / 4:19 PM / 13 days ago

米消費者インフレ期待、2月は2.8%に低下=NY連銀

[ニューヨーク 11日 ロイター] - 米ニューヨーク連銀が発表した調査によると、2月はインフレ期待が1年先と3年先がともに0.2%ポイント低下し、2.8%となった。

1年先、3年先のインフレ期待は昨年4月からおおむね横ばいで推移。2月は主に医療保健費用が低下するとの見通しが反映され、米連邦準備理事会(FRB)が示している利上げ休止姿勢を裏付ける結果となった。

ただ今回の調査では、消費者の間で賃金が上昇するとの見方が出ていることも判明。予想される賃金の伸びは1年先が2.5%と、前月の2.4%から上昇した。また、失業が増加する公算は小さいとの見方が示されたほか、米株価の動きにも楽観的な見方が示された。

調査は約1300人の世帯主を対象に実施された。

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below